倉庫

田中琴葉や喜多見柚が好き

TC選挙を琴葉陣営から考える・議論の手続き編

ミリシタのTC選挙お疲れさまでした。結果からいえば琴葉についてはあまり上位争いに入ることはありませんでした。また少し事情を知っている人なら、コンベとかが荒れていたということを聞いているかもしれません。この間に主に琴葉のコンベンションセンターで起こったことは記録する価値があると思ったので、本記事では琴葉陣営についての動向まとめを試みています。

 

これを書いてる人

まず自分の立ち位置みたいなのについて少し。ミリオンでは琴葉メインですが他の子も広く見たい派で、過去の投票でもけっこうあちこちに入れています。TAは明確な記憶はありませんがエレナ、美奈子、恵美に入れているスクショが確認できました(多分全部同級生に入れるとかいう無駄なことやってたと思う)。TBは新ヒロイン琴葉、探偵百合子、支配人エミリーにおよそ3分割して入れたはずです。

TCについての言及はいったん保留します(別記事でもう少し自分の主観を強めたものを上げると思うのでそちらで)。ちなみに投票初日の夜などにコンベ内でいくつか発言は行っており、自分の行動に忸怩たる思いを持ちつつ、現象としては興味深いなあなどと思っている節もあります。投票初日のコンベ内議論の後琴葉discordにも入りましたが、そちらでは現状ROM専です。

 

琴葉陣営の動き

 

開始前~投票初日

これから琴葉陣営の動きについて触れていきたいと思いますが、まず恐らくTC期間全体の動きを最も決定づけたであろう初日のコンベの議論の推移について述べます。大枠を言うと、まず琴葉への票は投票開始後主人公へ集まっていました。しかし茜ちゃんの躍進などによって別の役への集票を提案する動きがコンベ内で現れます。初日夜にコンベで議論することになりましたが紛糾。最終的にはgoogleフォームを用いた多数決がなされ、最も票を集めたファイナルデイ(以降FDと表記)への投票一本化が図られることになりました。

 

もう少し詳しく時系列を追っていきます。当然ながら自分では掬いきれない流れもあると思いますが、コンベを中心にできる限り拾っていきたいと思います。

 

まず投票開始前ですが、Twitterにおいては琴葉の話題は少なくとも私の目には触れませんでした。もちろん私自身そこまでミリオン界隈を綿密に追っているわけではないというのは当然あって(普段見るリストにも琴葉Pは入っていない)、この時点で認識するTC関連のツイートは絵師さんによるイラストがほとんどです。

一方で、琴葉discord内ではこの時点でどこに票を入れるかという話し合いが行われていたようです。ここでの議論では、最終的に主人公の役を狙うことが決定します。ここでの話し合いは私が見る限りかなり丁寧になされていたという印象です。

  • 最初に議論が「琴葉に役を取らせることを第一に考えたい人」によるものであり各人の投票を制約するものではないことが明示されている
  • 話題に上る役やそのメリット・デメリットについては、(他陣営の動きを除き)おおむね後にコンベ内で出てくる内容を網羅している
  • discordでの議論の結果を、別の場所でdiscordで決まったこととして強制させるような言及をしないことが徹底される

特に3点目については、Twitterでの宣伝もわざと時間をずらして行うなど、組織的動きが目立たないよう細心の注意がなされました。

個人的見解ですが、これはよい選択であったように思います。特に、公式コンベがなくでどうしても限られた人による議論しかできない中、それを公にして投票を呼び掛けても(それこそ今回以上の)大きな反発が予想されます。今回の裏での動きに徹したdiscordはそのあたりをよく考えていたと思います。

discordでは戦略として、TBデバフで浮動票はあまり見込めないことや琴葉Pの中で挙がっている役がばらけていることを考慮し、初動で抜けだして有利を取ることで琴葉P内の流れを作ることを目指すと決めました。

 

さて、12/19になりミリシタ内でTC投票が開始されます。琴葉への票は、まず主人公に集まりました。このとき、事前準備もあったためか初動としては悪くない票数だったと思います。主人公琴葉は開始30分時点で約300票を集めており、この時点での役ーアイドルの組み合わせ全体の中で7位です。

ところが、ここで大きな誤算が生じました。茜ちゃんがTwitterトレンドをも席巻し主人公トップに躍り出たのです。

この茜ちゃんの躍進は完全に不意打ちで、公式で開設されたコンベ内でも少なからず動揺が生まれました。開設直後は主人公の流れが強かったものの、2:00頃からは他の役を考える投稿も増えていきます。無論これは純粋に主人公以外を見たい人が他の役を提案する流れでもあったわけですが、主人公では役を取れないと危惧する投稿も徐々に目立ってきます。
役を取るという観点から役変えを検討する理由として、以下のようなものが挙げられていました。

  • 茜ちゃんのトレンド入りするレベルの勢い
  • (特に茜ちゃんとの対比としての)琴葉コンベの固い雰囲気
  • TBで役をやっている(しかもちょっと被ってる)
  • 茜ちゃんのイベントブースト(りるきゃん)

主に「茜ちゃんvs琴葉」となったときの浮動票の入りづらさを懸念する声が多いです。移動先に上がる候補としては妖精、バスターブレイド、アマリリス、ファイナルデイなど様々ですが、対抗馬や浮動票を見ながら勝てるかどうかを理由に挙げる投稿がそれなりに目立ちます。

しかし、当然ながら主人公から変えるべきではないという意見も同程度見られます。こちらも勝算という観点からの要素として以下のような点が挙がります。

  • 既に相当数の票が集まっている(この時点で他の役への票はわずか)
  • まだ投票開始直後なので趨勢はいくらでも変わりうる
  • 勝てなさそうだから役変えという行為自体が浮動票を大きく逃す

ちなみに本筋とは関係ありませんが、戦略を考えるうえで共演者との関連性を推す声が上がるとすぐさまCP推しはまずいという声が上がるのは、なるほどTAの経験がある人たちです(かくいう私も一回そういう発言をしていますが…)。

19日の午前中も平行線は続きます。平日昼間ということもあり人数はそこまで多くありませんが、だいぶ熱の入った(婉曲込み)議論が行われています。特に「このままでは勝てない」と考える人が危機感を持って役変えを提案しているのが目立ちます。日が昇ったあたりからは、先述の役変え候補の中でも特にFDが話題に上る率が上がってきます。
議論が煮詰まってきたところで、昼過ぎにTwitterによるアンケートが実施され、それをもとに後ほど話し合うという流れとなります。このときの選択肢は「主人公/FD/様子見」の3択でした。また、15時にガシャが開始し100票という予想を超える数の票が配布されることになりますが、コンベ内では主に議論の行方を見守り投票を保留にすることが呼びかけられました。そして議論は午後10時から行われることが決まります。

そして午後10時。800票以上を集めたTwitter投票はFDがやや優勢といった結果でした。ここでは主に議論はFDへの変更を主張する人がメインで進み、FDで戦う際のアピール戦略なども盛んに語られます。そして10:40分ごろ、FDでよいか?という投稿に対し20件ほどの賛成が並び、そのまま一斉投票をするかという流れに。これに対して他の立場の意見があまりないと待ったがかかり、妖精・主人公など他の役について、みたい人によるアピールがなされます。そのうえで多数決により結論を出すことになります。googleフォームにてP名+コンベIDを入力する形での投票が行われ、約150人の投票の結果6割程度の支持を獲得したFDへの投票一本化を図ることが決まりました。

この日の票の推移は以下のようでした(カッコ内は役内順位)。なお、参考としてその時点で主人公・FDで1位であった茜と春香の票も記載しています。全ての役ーアイドルの組み合わせのうち、15:00時点では主人公茜が3位、FD春香が5位、主人公琴葉が12位となっております。24:00時点だと主人公茜3位、FD春香が18位でした。表以外の役で琴葉が10位以内に確認できるのは、9:00時点で先生17(7)、女主人10(10)、15:00時点だと先生21(7)、24:00時点では友達254(6)、女主人136(8)、少女165(10)、オオカミ213(6)でした。ただし、10位以内に現れるかどうかは他のアイドルの動向も関わっているので、票数の多い順とは限りません。加えて24:00時点での投票数は有償ガシャセットの影響が大きく、単純に支持者の割合を表すとは考えにくい部分もあるので注意が必要です(この日投票券はデイリー2票に加え、15:00以降は課金によりおはガシャ1票+ガシャセット100票が入手できました)。

役・アイドル 主人公琴葉 FD琴葉 主人公茜 FD春香
12/19 09:00 856(2) 20(5) 1137(1) 1079(1)
12/19 15:00 1079(2) 43(3) 1712(1) 1337(1)
12/20 00:00 2874(3) 525(3) 23193(1) 13196(1)

 

その後の動き

翌日20日は基本的にコンベ内でのTCに関わる話題はファイナルデイが中心です。ただし、意思決定の過程を問題視する意見は時折見受けられ、またTwitterでも初日の議論で疲弊して離れたという声が一定数確認できます。この日の夜に一斉投票が行われ、1/20 24:00時点で11381票がFDに入っており2位につけました(このとき1位春香21193票、3位美也9777票、また主人公琴葉4184票)。discordでは、discord内の意見の押しつけは行わないという事前の取り決めに基づきコンベの方針に従うことが確認されます(基本的にコンベ開設後のdiscord内の議論でコンベの趨勢を変えるようなものはありませんでした)。

 その後数日コンベはこのFDを目指す体制となりますが、コンベ内ではここまでの議論の流れに対する不満が定期的に噴出する状況が続きます。FDへの投票もいま一つ伸び悩み、春香とはまた少しずつ離されていき、23日には美也に抜かれることとなります。コンベでは徐々にFD派と主人公派の隔たりが大きくなって何度か投票の一時凍結も提案されるほどになり、また発言者数が減って初日と比べると発言者が固定化する傾向がありました。

12/25夜、FD派と主人公派の応酬がやまないコンベの雰囲気改善を目的として「TCを離れて琴葉のことを話す会」が行われました。これまでコンベ内で議論が錯綜したことを受け、TCの話をしない、他者への批判をしないなどのほか、司会者を立て挙手制で発言するという掲示板としては異色のルールが採用されました。この日は約2時間の間に20~30人ほどがコメントし、感触がよかったという声が多く翌26日にも似た企画が行われました。こうした企画が一定の雰囲気改善をもたらしたことを受け、27,28日には、TCの役について純粋にどういう点が魅力かということに絞ってダイマする会が同様のレギュレーションで行われました。

29日にはここからさらに進めてどこに投票するかということについての会議が開かれましたが、○○なら勝てるといった議論に前日までと比べると挙手制会議がうまく機能せず、意見集約は難航します。30日の夜に引き続き議論を行う予定ではあったのですが、こうした状況が続くことを見かね、30日昼頃に投票一本化を断念する流れが形成されました。これに大きく反対する意見はなく、同日夜には手持ちの票を好きなところに入れようという自由投票企画が行われました。

年明け以降は、年末の自由投票において票がおもに主人公に大きく入ったこともあり、主人公一斉投票が何度か行われました(それにも紆余曲折ありましたが)。しかしここまでの劣勢を巻き返すには至らずTC投票の期間が終了しました。

 

 まとめると
  1. 投票開始直後主人公へ票が集まる(discordの事前会議の影響はそれなりに可能性がある)
  2. 茜ちゃんを追いかける構図にコンベで投票先変更の主張が増える
  3. 初日夜、議論の末の多数決でFDへの移行が決定
  4. 同担内でのFD派への反発もありFD票が伸び悩む
  5. コンベが紛糾の末に空中分解
  6. 年明けはかろうじて主人公派が組織的に動けたが1位にはなれず

 

反省会・主に手続き論

今回の件は、どこに集票するかで議論が収まらなくなり最終的に多数決で決めたものの陣営全体が疲弊したという、言ってしまえば「よくあること」だったかと思います。以前の投票でも今回でも、複数の陣営においてこういった現象は見受けられます。多分TFくらいになっても絶対どこかでこういうことは起きるでしょう。TXくらいになったら…どうだろう…そこまでいくと意思決定モデルとしてかなり貴重なサンプルになっていそうです。ミリマスあと20年続け。しかし、陥りがちな罠だからこそ考察が必要になってくると思っています。いくつかのテーマについていろいろ述べていこうかと思います。特に、「どの役に行けばよかったか」という話よりは、「どのような議論の進め方をするべきか」みたいな形式的な話を主にしたいと思います。前者については私のエネルギーが残っていれば別記事で私見を強めつつではありますが語りたいと思います。

なお、本記事の振り返りのなかで2日目以降のウエイトは軽くなっています。理由は主に2つです。1点目は、2日目以降の動きは主に初日の動向によって引き起こされているため、初日が最も重要であると判断したから。2点目が、2日目以降はコンベンションセンターを見るだけでは事態の全貌を把握できないからです。初日の議論のあと、コンベの状態に嫌気がさした人や議論に疲弊した人がコンベから離脱する動きがあったと見られています。一応Twitterでの検索などは行っていますが、私個人で追える内容には限界があり、意義のある議論が難しいと判断したための措置です。

 

初日夜の議論

2日目以降のコンベに書き込まれた不満は、特に初日の議論についてのものが多かったように感じます。また、Twitterにおいても同種の不満が確認できました(ただしTwitterの観測は個人によるものなので限界がありますが)。なかでも、FDに行ったことそのものというよりは、「勝てる役」へ乗り換えようとする態度や議論の強引さへの反発などプロデューサーの振舞いへの批判が目立ちます。

 

先に結論を言うと、12/19の22:00になった時点で議論の結果があのようになる(侃々諤々の末FDに移行する)のは半ば仕方のなかったことだったと考えます。無論、結果として主人公への投票を継続するシナリオも十分な可能性があったと思いますが、特定の要因によって議論の結果がFDへ歪められた、というようなものではないということです。

 

そもそものバックグラウンドとして、あの日の議論が結論を出すのが非常に難しいものであったことは強調しておきたいと思います。投票前にTwitterで行われた琴葉はどの役がいいかというアンケートでも結果は割れていたそうです(これは現在は削除されているようで私自身は確認していません。discordの議論ログを参考にしています)。また、当時の勝算の認識もプロデューサー間で大きな隔たりがあり、短時間でその溝を埋めるのは不可能に近かったと思います。「どこが見たいか」「どこが勝てるか」のどちらを重視するかがそもそも人によって違うのに(このあたりも初日に多く議論されていたことでした)、「見たい」「勝てる」役の認識についてもバラバラな集団が議論するというのは、それだけでカオスが約束されているようなものです。その上で議論が「荒れた」要素とは何だったのでしょうか。

まず「勝ちに行く」ことへの批判ですが、そういった方針の人が一定数いる以上それを否定するのは非現実的かと思います。私自身、勝ちを狙うプロデュース方針はそれなりに理解できる(自分がそうというわけではありませんが)ので、そうした議論が起こることは避けられないと考えています。
ただし、今回の教訓として、コンベなど多くの人の目につく場所で「勝てるか」の話をしすぎるのは却って「勝てなく」してしまうということは留意しておくべきでしょう。どうしても勝てるかの議論というのは、他のアイドルと比べてどうだとか対抗がどうだから浮動票が狙いやすいだとかいう内容になってしまいますが、そのような生々しい話を嫌う人も多いということは今回の件のみならずそれ以前のケースからも推し量れることです。「勝ちを狙う」人は、自身の誘導が集団にどう影響するかまで含めて勝算を考える必要があり、そのジレンマに向き合い続けなければならないのだと思います。

続いて、議論の強引さについてですが、これは一部の人が強く議論を引っ張ったことに起因するものかと思います。しかし、これについては個人を叩いても仕方のないことです。恐らく動機としては琴葉を勝たせたいという至極単純なもので、「たまたま」それが極端で手段が追い付いていなかったというだけに過ぎません。人狼ならロック思考の人を吊るだけでいいわけですが、コンベで全員が非表示とするわけにもいきません。初日夜の時点で早急に結論を出したいという焦りがあるのも当然で(私自身そうだったのは否めないのですが)、集団全体としても浮足立っていた中議論を落ち着けることは困難だったという印象があります。

少し私見が強まっていると感じるので、以下は特に個人の意見に過ぎないことを明言して述べます。私自身はあの場の議論では数回発言しておりうち1回はFDへの同調を含むものでした。それを踏まえてなぜ強引と見られる議論がなされたのかについては、何人かの強い発言が直接的な原因だったと考えます。ただし、それはコンベに集まった人たちの集団としての雰囲気を土壌としたものであり、ある個人がいなかったとしても大なり小なり同じ議論の道をたどっていたという考えです。これをもとに、本節の冒頭で述べたように議論の結果は「仕方なかった」というのが私の主張です。

こうして私はめでたく自分の責任を集団に押し付けることができたわけですが(やめなさい)、ではそれを踏まえてどうすればよいかといえば、できることは多くないと思います。まずは一人一人が掲示板での議論に慣れ、あるいはよりよい状況判断ができるようになること、そしてもう一つはコンベンションセンターの形式を変更することです(コンベの形式については後の節で改めて触れます)。結局責任論になってしまえばコンベにいたみんなが悪いという以外にないので、改善するにはみんなを改善する以外にありません。さすがにそれではあんまりなので、じゃあどうすればよかったかというのは最後の節にもう少し真面目に書きたいと思います。

 

しかし、他のコンベに比べても特に琴葉のコンベが荒れたのはなぜかということは分析する価値の大きいことだと思います。票が割れたところまでは同じだったがその後持ち直したところもあるようなので、そことの比較は是非ともしたいところです。残念ながら私自身は他コンベまで手が及ばず断念してしまったので、他力本願ではありますが他の方の分析をお待ちしております。

 

多数決

 最終的に初日夜の議論に決着をつけたのは多数決でした。当時かなりヒートアップした状況で話し合いで決着をつけるのは困難だったため(これはギャグとして消費したい話なのですが、どのように多数決を取るかでだいぶ揉めました)、この措置はやむを得なかったでしょう。
ただ、その参加人数についてはいろいろ考えられそうです。Googleフォームでの投票はコンベIDも併記する形であり、すなわちコンベへの書き込みが必要でした。これは投票操作を危惧する声から生まれたものでしたが、結果として冷静さを欠いたコンベにいる人たち(もちろん私もその一人でした)だけで決定しなければならない状況に追い込まれたというのはあまりよくなかったかもしれません。この形式で150人の投票は決して少なくはないでしょうですが、それでもTC参加者の一部にすぎません。最初から「議論して多数決しよう」ではなく、多数決に追い込まれないような立ち回りがベターだと思います。

また、特に昼間のTwitterアンケート(800以上の投票)に対してはその正確性が疑問視される場面が多くありました。これをどこまで信用するかということについても対立の要因の1つだったかと思います。実際、TwitterアンケートはRTの性質上投票母体の性質が固まりやすいなどの欠点があります。私自身はあのアンケートはある程度の信憑性を持ったものだと思っていますが、評価が割れるものを議論のたたき台にしたことは分裂の一因となった可能性があります。

 

discord

コンベ内ではdiscordに対する批判というのも見受けられました。しかし、実はdiscordの話題が出るのは初日の議論からしばらく経ってからであり、私の感想としてですが責任を押し付けるための当て馬にされてしまったに過ぎないと思います。

まず前提として、discordが影響を持ったのはスタートダッシュまででした。そして、スタートダッシュ自体は前述のとおりそれなりに成功しており、開始直後に「茜VS琴葉」の構図の印象を持った人も多いと思います。仮に主人公一本で行っていた場合、(事前アンケートの琴葉Pの割れ方を鑑みるとなおさら)それは功績と言えたでしょう。開始時点ではその可能性が大きかったことも事実です。
ところが実際にはどこに票を集めるかコンベで議論する流れになりました。このルートに入ってしまった場合、批判として「組織的集票によって琴葉P全体の実態がわからなくなった」というものが考えられます。実際、初日夜の私個人の思い出としてですが、昼頃からの投票控えの動きやTwitterアンケートなどによって複雑になった状況をうまくつかめていませんでした。
しかしながら、ではdiscordの組織的動きがなければそれが起きなかったかといえば、それは否だと思います。なぜなら、「役はともかく琴葉に入れたい」という層によって役の間の少しの票差が拡大するフィードバックが働くからです。これによって、微惑星の暴走成長よろしく(伝わらない)特定の役に票が集まる現象は確実に起きていたはずです。そして、初日9:00における票数を見れば主人公以外への投票はせいぜい10人分程度で、もし組織票のないスタートからであっても票の受け皿になった可能性はそこまで大きくないと考えられます(discord組による宣伝も含めて考えると話が複雑になりますがそこまで大きな影響はなかったでしょう)。

以上を踏まえると、discordの手はローリスクハイリターンであったと言えます。なお、discordの立ち回りとして、役の押しつけなどは避けつつ情報や議論をできるだけオープンにするという戦略をとったところもあったようですが、琴葉鯖がとった戦略とどちらがいいかというのは詮無き事です。いずれにしても、投票開始前のコンベがない中で、組織としての強みを生かした情報集約・分析や戦略立案が十分に実施されており動き方に問題はなかったと思っています。

 

議論妨害 

特に中盤戦以降ですが、5chなどで荒らしが宣言されたりしたようです(私自身は5chは守備範囲外なので自分での確認はとれていません)。あるいは、事実かどうかはともかくTCにおける他Pによる妨害工作が取りざたされたりもしました。
私もコンベのログを眺めている中いろいろ思うアカウントがあったことも事実ではありますが、それ以上の明言は避けます。それは私自身の技量が個々の案件に触れられるほどないというのもありますが、結局「妨害行動が成立するようになった時点でダメ」だと思うからです。

ただし、仮に次回以降あったとして、今回で荒らしが成功体験を覚えてしまっていた場合、今回以上に防御力を上げておく必要があるかもしれません。私含め皆さん穏便な対処を心がけましょう。そういう点ではそもそもコンベを議論の場にしないというのは有効なのですが、胃の痛い煽りは嫌いだが胃の痛い議論は好物の私としてはあまり推奨したくありません。他の方の振り返りを見ても議論しないのは他の点におけるデメリットも大きいようです。

 

コンベンションセンターのシステム

これはシステム面の問題でユーザーから干渉できる話ではないのですが、今回のコンベのシステムはやはり分裂を誘発しやすい環境であったと思います。

まず140字の字数制限は、現状を分析して共有するとか議論を土台から徐々に積み上げていくとかをしようとした際には致命的に足りません。1分1ポスト制限もあったと聞いていますが、そうでなくても議論が白熱すると複数ポストをしても分断されてしまいます。加えて、一画面の表示可能数もわずか5ポスト程度のため話の流れを追うのが大変で、返信を書いている間に元が流れてしまったり、複数の話題が進行しているときに混乱が起きたりしました。また、これが個人的に今回特にマズかった仕様だと思っていますが、過去ログがスクロールで見るしかないため、以前の流れを追うのに大変な労力がかかります。

その他、投稿者の情報が名前とコンベ限定IDしかない点も問題視する声が多かったと思います。このため、荒らしとか他Pの騙りとかが話題に上る機会がかなり多くありました(重ねて言いますが実態はコメントを避けます)。投稿者情報については、グリー版ではファン人数を表示する仕様があったためそれを求める声もありましたが、個人的にはマウント取りなどが現れる心配もあるので一概に賛成とは言い切れません。
恐らくこれに関しては運営が最も情報を持っていると思うので、今後コンベが再実装されることがあれば仕様変更に注目したいと思います。

 

どうすればよかったか?

多くの人間が関わって陣営としてどう動いていくかという問題は、物理で言えばカオス、つまり現在の状況から将来を見通すことがほとんど原理的に不可能な現象だと思います。ブラジルの蝶の羽ばたきが竜巻を引き起こすかもしれない、それは誰にもわからないのです。そうした中で今回たどった道はお世辞にもいいとは言えませんが、その時その時の判断としては必ずしも非難されるものではないでしょう。

そんなわけで基本的に未来のことを言えば皮算用で過去のことを言えば後出しジャンケンなのですが、その上で取りえた選択肢の一つについて考えたいと思います。

 

 それは、他の陣営でも行っていた方法でもあるのですが(結局そこには別の流れができるのですが)、投票券を実際に用いたアンケートを取ることです。私個人の感想ですが、「初日22時の状況で今後の戦略を決断させられた」ことが今回の最大のポイントと考えています。とはいえ、このタイミングで決断すること自体はやっておきたい。そこで、コンベで意見が割れそうになった早期の段階で、勝ち負けでも見たいかどうかでもいいから自分の思うターゲットへの投票を呼びかけ、その結果をベースに考えるわけです。特に勝ち負けで判断してもいいことを明言し、期間中はどんどん自分の思う集票先の宣伝をしてもらって、おのおのの思惑をひっくるめた投票結果となることを狙います。

この作戦のメリットですが、実際の票を用いて琴葉Pの動向を捉えられれば、それなりに客観的指標になることが期待されます。いっぽう初日の票は全体からすればわずかなので、方針決定と割り切って使ってもそこまでの問題はないでしょう。方針がコンベに書き込む人だけで決定される問題のある程度の解決になります。また、(そもそもあまり話題に出すものでもないですが)他Pの干渉については、他Pにとっても大事な票である、趨勢を変えるほどの大きな動きはさすがにバレる、また仮に操作があったとしても複数の陣営からの圧力が相殺されることが期待できるなどの観点から、問題にはならないと考えます。

しかし、これにも欠点が存在します。1つは先ほど述べた票が集中しやすいフィードバックがあることで、真の割合よりも偏った結果になることは考えられます。そして、最大の問題が15:00の100票ガシャセットです。これに間に合わなければ、課金者と非課金者で投票券に50倍もの格差が生まれます。こうなると少数の課金者の意見が大きく反映されてしまうので、15:00以降はこの手が使えなくなります(少なくとも納得しない人が多くなるでしょう)。今回はガシャ告知こそあったものの100票も付いてくるというのは想定外だったため、仮にこの方針を取っていたとしてもここで紛糾していた可能性が高いでしょう。

 

他にもいくつかとれる手はあったとは思いますが、あまり実際に起きていないことばかり話しても水掛け論になってしまいます。それでも、私としてはこの作戦は今後カードとして持っておいていいと感じました。

 

コンベンションセンターの統計

 コンベンションセンターに関して、いくつかデータを取ったので載せておきます。ただし、他のコンベとの比較を行っていないこともあり、解釈などは私の方ではあんまりできていません。また、解析の過程に一部アナログなところが入っていたりするので数字は若干の誤差を含む可能性があります。そういったことも含めて、もっと処理に長けた方の登場をお待ちしております。

 

集計期間:2018/12/19~2019/1/20

日付 post 投稿者数 新規投稿者数 最終投稿者数
12/19 2929 346 346 202
12/20 883 156 64 62
12/21 313 92 29 29
12/22 305 71 20 25
12/23 373 72 24 23
12/24 328 71 17 15
12/25 350 81 26 30
12/26 200 47 5 9
12/27 459 57 15 12
12/28 263 59 9 19
12/29 335 48 17 13
12/30 635 101 40 54
12/31 231 117 82 86
1/1 39 37 14 21
1/2 39 27 11 11
1/3 261 49 16 19
1/4 140 40 12 17
1/5 77 51 20 25
1/6 341 50 13 23
1/7 46 24 5 10
1/8 19 15 5 5
1/9 26 18 4 3
1/10 60 28 6 10
1/11 35 20 3 9
1/12 31 14 1 1
1/13 32 21 9 10
1/14 17 11 5 5
1/15 47 24 5 10
1/16 23 16 3 7
1/17 6 6 0 2
1/18 26 16 6 6
1/19 93 47 15 31
1/20 112 57 14 57
Total 9074 861

 

 postが書き込み数です。また投稿者数はコンベIDによって確認しており、その日に書き込みを行った人数、およびその日に最初/最後の書き込みを行った人数を掲載しています。

 

f:id:weretigereye:20190126233956j:plain

f:id:weretigereye:20190126212353j:plain

同じデータですがグラフでも示しておきます。

 

おわりに

何度か触れていますが、あくまで自分の立場ですが「起こったことはしょうがない」と思っています。先のことは100%分かるなんてことはないのですから、議論の結果について後から評価してもどうしようもない面もあります。しかし、一人一人が起こった結果を分析することは有意義なことであると思って本記事を書きました。

また、できる限りの注意はしましたが一当事者である私個人で行えることには偏りや限界があります。ぜひ様々な立場から多くの方に振り返りをしていただき、今後へ活かせるものを見つけていければと願っております。

 

 

参考にさせていただいたもの

    票数の推移は主にこちらのツイートを参考にしました

    上のbotは開始直後は稼働してなかったので開始30分の票数はこちらから

    コンベンションセンターのログはここから

sSRのシンデレラ灯織コミュを勝手に改造する

最近シャニマスを楽しんでいます(あまりに久しぶりの更新で前回記事時点ではシャニマス始まってなかったらしい)。

テキストが本当によくて、適度なリアリティ(リアルとは必ずしも一致しない)でさくさく読み進められます。おかげでPとアイドルだったりアイドル同士の関係だったりからキャラクターの魅力にズブズブ嵌っています。正直始まる前はまだ増やすんかいとか思っていましたが、蓋を開けてみれば他との差別化という点でもしっかりしている良質なコンテンツだったので、これからじっくりと育っていってほしいと思っています。

テキストという点でさらに具体例を挙げて褒めれば、今回のpSSR凛世も素晴らしかった。「思い出~!人権~!」とか言いながら引いて(50連で2凸まで来ました)コミュを見たのですが、その予想以上の出来にひっくり返りました。ガシャの時のフラッシュ演出も、コミュを読むと初見で感じた綺麗以上の感情が乗って2度おいしい作りになっています。基本はテキストボックスにセリフを表示するだけという制約の中で、巧みに演出も織り込みながら情緒を感じさせる力量は流石で、こういった体験はなかなか他では得られないと思います。個人的には同人誌などで得られる感情に近く(まああっちは好き勝手出来るので)、公式としてその域に達しているのはすごいの一言です。

 

さて、話があちこち行っていますが今回のテーマは同時にガシャに追加されたsSR【魔法の階段を上って…】風野灯織についてです。以下コミュに関するネタバレがあります。

このカード、性能面でもオーディションマスタリーという興味深いスキルで話題になりましたが、コミュでもカードイラストとコミュ内1枚絵が違うというサプライズがありました。で、コミュを最初に見たとき倍速で見ていたので、細部まであまりちゃんと読まずところどころ自分で適当に補完して、結果として神ストーリーが出来上がったので大絶賛したわけです。ところが、Twitterであるツイートを見てあれ?となって見返すと、確かに少し自分が思ってたのとは違っていました。私としてはそれでも別によかったのですが、これでは確かに人によっては絵が変わったことで騙されたと思うかもしれません。そこで、せっかく勘違いをしてしまったのですから、本来解釈するほどでもないこのコミュを無理やりこねくり回してみたいと思います。

【実際のコミュ】

最後の下りから灯織が王子様としてPを想起していたことが示唆されます。1つ目のイベントから実際に読み合わせで王子役をやっていたのがめぐるだと思われるので、絵の変化はカードイラストが実際の状況に合わせたもの、コミュ内絵が灯織のイメージ(王子はP)という風に使い分けられています。

私はあまり地雷というものはないしうちのめぐるは灯織に報われない好意を抱いていることがあるので解釈一致なのですが、じゅりなつなどでサポートアイドルに百合を見に来ている人たちにとっては期待していためぐひおが見られずいい迷惑かもしれません。絵が変わるという斬新な演出も立場によって評価が割れてしまうでしょう。

【初見で思ったこと】

初見では、最後の真乃がプロデューサーのことを話題に出すのを見逃していました。加えて絵の王子様役がPであるという認識にも至らず、私の中では灯織はめぐるのこと思って演じていたことになりました。そうして早とちりによる「演じている人:誰か、灯織脳内:めぐる」という構図ができて、神コミュだと思ったわけです。

ところがよくよく考えると上記のように実際に王子役を演じていたのがめぐるなわけですから、残念ながらこれは矛盾しているわけです。

【めぐひおを諦めない】

そこで、真乃の「プロデューサー?」というセリフをカットしてしまい、とりあえず灯織がめぐるを思っていたということにしてしまいましょう。その上で絵が変わった理由を考えると、なかなかいい感じのストーリーが出てくるんじゃないでしょうか?

「王子様への思いを強くしようと意識しながら演技した灯織。演技中は集中していたので気付かなかったが、めぐるに誰を想像していたのか聞かれて自分がめぐるのことを考えていたことに気付き…」

あ、いいじゃん。完璧だわ。めぐる目の前にいただろとか言うなよ。灯織は演技にのめりこむタイプだから演技中はそういうことは意識には上らないんだよ。

 

…思ったほどは上手くいきませんでしたが、このシチュエーションはポジションを変えるだけでだいぶ楽しめることがわかりました。いずれにせよ、今回のコミュも(少なくとも個人的には)非常によいものでした。絵の一部を変えるなんてことができるのならば、今後もいろいろなシチュエーションで使えそうです。これからも創意工夫を凝らした演出で彩られるシャニマスの物語を楽しみにしています。

Dead or Alive

わかったよ、俺の負けだ、ミリオンライブ。お前は伝説だ。ところで現時点で担当の最後のテキストと目されるものがデストルドー首魁と普通のアイドルの狭間で揺れ動く等身大の少女の心境を吐露したものだったんだが俺はどうすればいい?

 

はーーー、最高ですねミリオンライブ!ほんとに!!アルマゲドンもねこもジョーロータスもダイナマイトもマグロ漁船も宇宙もヤケクソ上限開放も、俺達がネタにしてきたこと(というか元はといえば運営のトチ狂った振舞い)を全部ブチ込んで集大成としてきやがった!こういうことしとけばなんとかなると思ってる運営も、それでみんなゲラゲラ笑えちゃうのも、まさしく好きだったミリオンライブそのもの。ありがとう!!!!

 

日々の終わりに

まいった。何を書こう。本当に思っていることは掴もうとしても全然出てこなくて、手に残るのはそこからちぎれた意味のない言葉ばっかりだ。

決して安定しているソシャゲではないことは分かっていて、例えば10年保つとは思っていなかったけど、私自身6桁も課金していないけど、それでも楽しい日々だったからまだまだ続いていくという希望的観測があって、それが打ち砕かれて案の定寂しくなった。前々から考えていたあまりに利己的な理想の終わり方があって、まあ他が忙しくなってだんだん私の心が離れていくんだけれど、最後には「俺がいなくても大丈夫だな」と思いながら去っていく、とかいうのを妄想していた。運営に対してユーザーというのはあまりに無力だけれど、それでも運営がコンテンツを置いていくなら私が背負っていくしかないじゃないか。飽きっぽい私より先に運営に逃げられてしまった。

シアターが神殿になりアオノリやジョーイ・ロータスがいてヒーローズやアルマゲドンをやって空を飛んで宇宙を壊して、それでも私がここに入ってきたときにはシンフォニーを見せてくれたり琴葉とカラオケに行かせてくれたりしたミリオンライブが私は大好きだ。そういう物数奇が集まるプラットフォームが消えてこれからどうなっていくのだろうか。もしかしたら前のエントリで書いた「ミリオンライブが好き」という人は、いつのまにかターゲットから外れていたのかもしれない。

もちろんいつまでも引きずるものではないけれど、千秋楽だしこれからPST走るけれど、それでもしばらくは感情に従って一つの世界のゆるやかな死を悼みたい。

 

11/1追記

これに追記ってのも変な話だけれど、一日経てようやく安定してきた、いや今も泣いてるから安定とは違うのかもしれない。ただ、この感傷こそが私の得たものなんだと思うようになった。コンテンツの畢生に際してポジティブに泣けるなんてこんな贅沢があろうか。彼女が家に帰ってくることはなかったけれど、きっと彼女は家に帰ってきて、そして彼女はずっと家にいた。数奇ともいえる体験だったけれど、気付いたらそれがかけがえのないものになっていた。

 

チョコイベの内容が明かされていないのでまあ好き勝手いうけれど、過去のイベやガシャを振り返るようなものであったら嬉しい。もちろんアルバムを作っていくようなのでもいいけれど、幾多のぶっ飛び世界をディケイドが如く旅するようなものだったら伝説になるぞ。まあそれは二次創作になってしまうけれど、こうやって楽しい世界を作ってくれるミリオンライブに、いつかお休みが言える日まで。

 

ミリシタの話とか

ミリシタが配信されてからはや2ヶ月たち、「配信されましたね」というような文章は似合わなくなってきました。実際に稼働してからの評価も出そろってきて、そのへんで思ったことを発散させておきたいというのが今回の記事です。

 

ミリシタの詳細が明らかになりつつあった頃、私の中で大きな懸念だったのがデレステとの類似性でした。半分本気で「格ゲーにしといた方がよかったんじゃ…」と思ったくらいです。ところがリリース後プレイしてみて、両者はゲームの根幹のコンセプトが違うんだなと思うようになりました。デレステシンデレラガールズで、ミリシタはミリオンライブでした。個人の考えでまとめると、デレには高いエンターテイメント性があり、ミリからは寄り添うような姿勢が感じられます。ミリシタがガシャ予告をするのとか、そういう細部からも両者の違いがうかがえました(いや、そこはそうでもないかもしれない…)。

そう考えると、その「哲学」をどういうシステムに乗せるかということを考えたとき、ある程度方向性が決まるのもやむを得ない、むしろ当然なのだという感じがしてきます(デレステのシステムにも先達がいたはずです)。最近はミリシタからデレステへの輸入と思われる事例も出てきましたが、それらはシンプルに、ユーザーがより楽しめるようにするという観点からなされているのでしょう。さすがにSSR確率アップは笑ったけれど。

 

さて、そのミリシタに対する反応は賛も否もいろいろ出ていますが、中でも「運営が鈍い」というのをよく耳にします。これはシステムがデレステに似ている以上宿命のようなものという気がします。システムが似てるから当然比較されるし、かといってあっちはもうめちゃくちゃに巨大なので後れを取るのは避けられないし、それでもそこはユーザーへの言い訳にはならないわけですよね。システムに限って議論すれば、初見でパッと2つアプリを見せられて片方の方が運営が機敏だったらそっちの方に人は流れるし、それは売上とか実績にも繋がってくるという…。

こうした状況ですから、ミリシタへの評価は「賛」一辺倒とはなりえないでしょう。では逆に褒める声はどこからといえば、主に「哲学」に関するところから来ていると思います。ガミPは「触れ合いを重視する」ということを一貫して表明してきましたが、そのはゲームを通して貫徹されているように感じます。

ミリシタへの評価を考えるとき、この両者を分けて考えるのは大事だと思います。システム面においてはデレステとの比較は避けられず、規模の違いが目に付く。哲学の方は差別化できているので純粋に評価できて、そこはまあ(各人好みがある中でその人に考えが合えば)そんなに悪くない。そしてシステムと哲学のどちらを重視するかは本当に人それぞれなんだと感じます(どっちがいいとかは多分ない)。私はミリオンの哲学が好きな人なので、こうして擁護記事のようなものを書いているわけですが。このままだと極論「とにかくミリオンライブが好きな人」しか残らないかもしれんが大丈夫か、というのは運営に聞いてみないと分からないですね…。

 

このあと、いわゆる「ミリオン界隈」として評されるものも同じような構造があるんじゃないかみたいなことも思ったのですが、あんまりうまくいかなかったのでそこには突っ込まないでおきます。(最近過度な一般化はよくないと抑えるようにしている)

 

結局当たり前のことを言っただけのような気もしますが、自分の中でも見通しをよくするために書きました。要は何を重視して見るか、何を楽しんでいるかによって評価は変わるよねってことです。私としてはミリシタ概ね満足なので、今後ともミリオンライブが楽しめればいいなあと思っています。曲が増えなくても昴が野球するようになればいいじゃないか(よくない)。

柚おめでとうと

こいついつもおめでとう言ってんな。なんか発散用に記事が欲しかった。

喜多見柚5位という結果を見たとき、まずは安堵した(正確に言えば21時発表って言ってんだから公式がフライングすんなっていう不満も大いにあった)。中間以降柚の後ろにつけている子らのパワーをひしひしと感じて昨年の逆転も思い出しもう気が気じゃなかったから、一つボイス圏内(しかもCD2曲圏内)に入っていてくれたのは本当にホッとした。

続いて悔しさがやってきた。中間見た時点で楓さんはなんかもう対抗する気なくなっちゃってたのだが、未央は超えたい、未央に挑みたいと思った。得票数の0.1%にも満たない票力で何を言ってるんだという感じではあるけれど、結局壁は厚かった。未央は中間からなんと肇ちゃんを抜くほどの勢いを見せ堂々2位、属性1位。私自身戦いながら(?)力を思い知らされているような気持だった。そういった意味で、「負けたのか」という感情が来ることになった。

ちなみに嬉しいというのはまだあんまり来ていない、というかまだ現実・実感がやってきていないというのが正直なところ。

 

さて、前回の記事は一応投票を呼び掛ける体裁になっているが、あれにしても正直自分のためだった。一つは、注げる票が限られている中、選挙活動をしたというアリバイ作り。そしてもう一つが、自分がなぜ投票するのかを明文化するためだ。特に後者について仕組みを喋りたい。

といっても前回も少し触れた気がする。柚11位だった前回総選挙では私はただ流れに飲み込まれたという印象が強く、あまり自分が、そして柚が能動的に動けていたようには思えなかった。ただ「ボイスをつけたい」という流れに飲まれていたような感じだ。

総選挙には「CG」の側面と「ボイス」の側面の両方があってそれはいいことだと思っているが、あまりにも両者の差が離れすぎるのはよくない、というか私があんまり楽しくなくなる(ちなみにミリシタの事前登録にも微妙に似た気持ちを持ってる)。それ故に、両者を接続する、あるいは両面を備えさせることが一番大事と考え、この1年間そこを特に丁寧に進めていった。その集大成が前回記事であり、結果が今回得られた悔しさというわけだ。その点で言えば、「悔しかったことがうれしかった」のである。

 

今回喜多見柚は「ボイスを得る」という1つの目標を達成したわけだが、「1位になる」という目標はまだ達成していない。そして、その実現は率直に言って今までより一層厳しいものになるだろう。しかし、それに向けてのモチベーションがちゃんと私の中にあるのだから、これからも応援していける、応援していきたいと思う。

 

第7回シンデレラガール総選挙、喜多見柚への一票をお願いします。

喜多見柚とシンデレラガール総選挙

現在シンデレラガール総選挙が開催中です。中間結果はすでに発表されていますが、喜多見柚は総合5位、Pa2位と好順位につけており、注目を集めているといえるでしょう。というわけで、この機に乗じて担当語りをしてやろうというのが今回の趣旨になります。以前の記事にてSSRが出た衝動のまま今回に近いことを書き散らしていたのですが、自分でも見返すと読みにくかったのでもう少しマシにしようというのもあります。

 

 

まずそもそも、なぜ総選挙で投票するのかという話から始めたいと思います。

一つ明らかなものとして、総選挙がボイスをつけるための場として機能しています。現在ボイスのない柚においても、当然声をつけたいという大きな期待があります。担当目線としてひとつ付け加えるなら、意外にも柚はほかの子との絡みがあまり多くありません。シンデレラガールズ劇場では、フリルドスクエアとの交流は多いものの、それ以外のアイドルとの共演はなんと156話を最後にここ4年近く途絶えています。直近ではFourWindColorsなど、動きが全くないわけではないのですが、もっと色々な会話を見たい。デレステコミュでは多くの新しい掛け合わせが生まれていますから(個人的には志希と飛鳥の絡みなんかはドツボでした)、ボイスを手に入れることでそういった横の広がりを見せてほしいというのが大きな動機としてあります。

それ以外にも担当声優さんがつくというのは多方面に利が考えられ、またそれらは早ければ早いほどいいですから、是が非でもこのチャンスを逃すわけにはいかない、となるわけです。

 

さて、上記のことは当然ほかの声なしアイドルにも言えることです。大きく論法が変わることもないでしょう。しかしこれはボイス総選挙ではないですから、これだけでは先の問いに答えたことにはならないと思います。声ありも声なしも同じ土俵に立ち、彼女らは一体何で争っているのでしょうか。

それは、彼女たちが「シンデレラガール」になったとき、どのような物語が提供できるかということです。前回の島村卯月は広くその物語を共有できた例といえるでしょうし、私個人で言えば「塩見周子がシンデレラガールである」という事実は彼女を見るうえで外せないものになっています。

 

 

ここまでダラダラ書いてようやく本題に入れます(文章が冗長になるのは下手な証拠)。つまり、「喜多見柚がシンデレラガールになるとはどういうことか?」というのがメインの問いかけになります。

 

 

彼女の文脈の中でシンデレラガールはどういう意味を持つのか、先日のSSR特訓コミュにて彼女はこんなことを言っています。

 

「めざせ!じゃなくて、めざさない、トップアイドル!」(SSR[ハイテンションスマッシュ]喜多見柚・特訓エピソード)

 

なかなかセンセーショナルなことをいう子です(もちろん前後を切り取っているのですが)。これを額面通りに読むと、彼女と総選挙の相性はすこぶる悪いように見えます。しかし、この発言の背景にこそ今回の主眼たる喜多見柚の哲学がありますから、これをもう少し掘り下げてみます。

 

これは、そもそも「なぜアイドルになったのか」ということと大きく関係しています。以下簡単のためモバマス版に限定して話をしますが、彼女がアイドルを始めたきっかけはこう(前記事でも使った)。

 

「へへっ。何か面白いことないかなーと思ってぶらついてたら、アイドルにスカウトされちゃうなんてね!こんな面白いコト、そうそう無いよね?アタシ、実はラッキーだったのかな!なーんて!へへっ!」(N喜多見柚・アイドルコメント)

 

さて、この出会いは以降のカードでもたびたび言及され彼女の中で「聖なる夜の奇蹟」として特別な意味を持っていることがうかがえるのですが、今注目したいのは「面白いことを求めてアイドルになった」という点です。したがって、彼女のセリフは基本的に楽しい・面白いという感情に満ちています。

そして特筆すべきは、柚はこの「楽しむ」ということをアイドルをやる理由として採用し、かなり意図的・戦略的にそれを実践しているということです。ここで先のSSRコミュに戻ると、彼女はそれを部活に例えて表現しています。

 

「部活って、勝つためにはじめるんじゃないよね。やってみたいから、やるもんで!」(SSR[ハイテンションスマッシュ]喜多見柚・特訓エピソード)

 

目標は、時間を経てそれが形骸化すると時として枷となり、最初に本当にやりたかったことを見えなくしてしまうことがあります(デレアニ終盤で卯月が向き合ったのもこの問題だと思います)。喜多見柚は「楽しい」から始まったアイドルなのだから、彼女は常にそれに立ち返り、楽しいアイドルとしてここまでやってきたのです。先の発言の種明かしをすると、「めざさない、トップアイドル」というのは、「トップアイドルは楽しんできた結果としてついてくるものである」ということを表現した文章だったのです。

 

「目指さなくても続けられたら、本当に好きってことなのかも♪」(SSR[ハイテンションスマッシュ]喜多見柚・特訓エピソード)

 

(一つ補足しておくと、楽しむというのは「アイドルを全力で楽しむ」ということです。そこには強い能動性があり、決して不真面目になるということではありません。これもSSRエピで言ってる・・・というか、上記のことはエピソード見た方が100万倍まとまっててわかりやすいので是非そっち見ましょう。恒常だからいつでも引けるし、最悪いろいろあるので・・・)

 

以上を踏まえて、喜多見柚をシンデレラガールにするとはどういうことか。それは彼女に「結果」を用意してやるということです。今まで楽しんできたことは間違いじゃなかったと、その在り方を肯定するのです。それはトップアイドルを「目指さない」彼女が手に入れるからこそ純粋な「結果」として機能するのだと考えています。

 

 

一つ結論のようなものが出ましたが、以下第二部として別の角度から考えてみましょう。先ほどの「結果を贈る」というのは多分にメタ要素を含んでいますが、ではアイドルの文脈で見たとき彼女とシンデレラガールにはどういう物語が考えられるでしょう。別の言い方をすれば、アイマス世界の中においては何が喜多見柚にシンデレラガールを与えるのでしょうか?それは(私の)答えからいうと、彼女の持つ「遍在性」(あまりいい表現ではありませんが)だと思います。

 

 柚に触れてみると、第一印象とは異なり彼女はかなり自己評価が低いということに気付きます。

 

「アイドルとして見ると、パッとしないな~。まあパッとしてない柚だから、当たり前だけど。」(デレステ・喜多見柚とのメモリアル3)

「だいたい、これくらい。なにやっても普通って、よく言われる!」(第9回アイドルLIVEロワイヤルボス)

 

これは、先程も少し触れた彼女の出自(というかアイドル以前)に関係しています。

 

「柚さ、昔から、目立ちたがる子じゃなかったんだ。」(R+[フレンズホリデー]喜多見柚+・親愛度MAXコメント)

 

喜多見柚は、もともとアイドルを志していたわけでも強烈な個性があったわけでもない、ごく普通の女の子でした。それが、クリスマスの日のスカウトによって急にアイドルという別世界にいわば放り込まれたのです。ではそんな柚がなぜスカウトされたかといえば、「何か面白いことないかなーと思ってぶらついてた」というその点が、どうしようもなく輝いていたからです。極端に言えば、ただその一点において彼女は運命的な出会いを手繰り寄せたのです。

彼女はアイドルとして活動を始め、恐らく周りの非凡さに圧倒されたことでしょう。そして「なぜ自分がスカウトされたのか」と考え、先述の答えにたどり着きました(この辺りはぷちエピソードに詳しいので見ましょう)。そうして、「楽しむ」ということを第一義的な目的として置いたアイドル喜多見柚が生まれたのです。

こうして生まれた楽しむ姿勢というのは、決して生半可なものではありません。「この手の届く限りを楽しいコトで彩りつくしてやろう」という強い気概です。仲間もファンもプロデューサーも柚自身も、みんなを楽しくさせる。

特にアイドルとしてファンに向き合うとき、柚の出自は強い武器になります。なぜなら彼女は、自身がそうであったように楽しむことは奇蹟を起こすと知っているからです。そこに彼此の境界はありません。

 

「柚はアイドルじゃなくて、遊び相手だよ!」(SSR+[ハイテンションスマッシュ]喜多見柚+・カードコメント)

 

彼女がシンデレラガールになったとしても、喜多見柚としてのこうした本質を変えることはないでしょう。それは、新しいシンデレラガールの形として票の託す価値のあるものだと思います。

(ただし、他のアイドルについても多かれ少なかれこの要素があることは留意しておくべきでしょう。彼女の特徴は、そのことを自身を規定するものとして自覚し、意図的に使っているという点にあると思います)

 

 

さて最後に、総選挙投票時コメントに触れておきたいと思います。といっても、既に素晴らしい記事が上がっているのでもうそれ見てって感じなのですが。

nastnnouk.hatenablog.com

 

もう上の記事さえ見てもらえれば付け加えることは何もないのですが、まあえらいメタというか個人的な話を以下書きたいと思います。

まず、第5回総選挙の時のコメントがこれ。(先に言っておくと私はこのセリフ大好きです)

 

「多くは望まないカナ♪それなりにがんばって、○○サンも柚も、それなりにハッピー!そんなアイドルも求められているはずっ!」

 

2文目で「ハッピー」ということに触れ、ラストの文で一歩を踏み出すという構造になっているわけですが、1文目は見た当初かなり衝撃的でした。柚がよく自己評価の低さに言及するのは先にみたとおりで、それに連なるものとしてなるほど柚らしいというあたりで結局落ち着きました(今もそうです)が、投票コメントとしてはいささか後ろ向きであるように思えます。

翻って私はといえば、第5回で総選挙に初めて参加したのですが、中間発表後非常に動転していました。20位くらいになれば上出来だなーくらいの気持ちでいたものですから、冒頭に立てた問いすなわち「喜多見柚がシンデレラガールになるとはどういうことか?」ということにあのタイミングで初めて向き合うことになったのです。当時は結局それに対して満足のいく答えを出せず、最終結果で柚はあと一歩で届いたCD圏内を逃してしまいます。それでめちゃくちゃ個人的な話ですが、私のなかのブレがそうした結果や投票セリフなどに重なって見えました。

その後1年かけていろいろ考え、最終的にここまで書いてきたようなことが私の中で結論として得られました。今回の投票時コメントは次のようなものでした。

 

「○○サンに応援してもらえて、アタシって幸せ者~♪そんでー、この後はデザートをご馳走してもらえたり?楽しみだなー♪」

 

楽しむということを前面に押し出しており、なんならそれ以外言ってません。昨年のような迷いはなく、「自分が何をしたいのか」に非常に正直になったのだといえるでしょう。私個人としても迷うことなく彼女を応援できたらいいなと思っています。

 

 

だいたい言いたいことは以上になります。半分ほどはいつものように自分へのまとめ用のつもりでしたが、総選挙中でもあるからと多少は他人に見せられるものにしようとした結果無駄に伸びてしまいました。そうこうしてるうちに総選挙自体もあと1週間になり、挙句の果てに上位互換みたいな先行研究も見つけてしまい結局宣伝用としてはあまり意味をなさないものになってしまったかもしれません。しかし、今回の総選挙で柚が楽しんだ先にあるものを見てみたいと思ってもらえた人がもしいれば、投票していただければと思います。