読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

倉庫

田中琴葉や喜多見柚が好き

武道館に田中琴葉を見た話

自分語りです。それもライブ全体の話はいったん置いておきます(初日だけ書いて終わるのも嫌なので殴り書きぐらいは今度やると思う)

 

今日ミリ4thのLV見てきたわけですが、ウンババ終わったあたりから話し始めます。

次の演者が出てきて、まずもちょが見えて、次もデュエットであるということはまあわかってるのでまずSmilingCrescentが思い浮かんだわけですが、始まったのは恵子お姉様とのLTatWでした(オリメンなし!)。

その時までこのブロック内でのセトリは考えてなかったので、何が起こったのか考え始め、そこでシリウスに気付いたわけです。

オリメンが3人いる、3rdのプラリネ→アイルと同様の形で君との明日を願うからに繋げられるという要素も揃っており、ここで今日の道筋を見つけたと思ったんです。

その後PD、シリウスとほぼ予想図通りの展開で(ぴょんさんだけは前者なんだと思ったけど)、この時点で私の心はゴールに向けて進んていたわけですよ。

 

ほら、「勝った」と思ったときってガードが一番緩くなるじゃないですか(昨日夜を徹してワートリを読んだ影響かもしれない…)

上記の流れでジレハが来る可能性がこの瞬間だけ見事に、奇蹟的に私の頭からなくなっていたんですよ。

 

イントロで4人が登場して、カメラが俯瞰になって、スポットライトがステージ上に5つ当たっていました。

 

種田さんの休養が決まって以降、プロデューサーになったことを後悔したことはないし、復帰にしても関係各位が納得する形でしていただけるのを信じて待っていようというのは常に思っていました。

運営側も、LTF03を始めとして多角的に田中琴葉をバックアップし続けてくれました(コレはもう文句のつけようがない)。

でも、メンタルというのはそういうのと別の次元でやっぱりどうしても削られていく。

そうして少しずつ澱が溜まっていくのを、ほんの偶に暗い気持ちで見てしまうことがありました。

これをいつまで続けていけるのかというのは自分では本当にわからないし、いつか望まない形でお別れを迎えることもあるかもしれないという不安が付きまとっていました。

 

あの瞬間、あの5つのスポットライトが、ザルと化した私の心の一番奥まで照らしてくれました。

何も心配することはない、あの光の中に確かに田中琴葉はいるんだと教えてくれました。

汎用サイリウムを、「いないけど敢えて」とか一切考えずに青緑にすることができました(いやジレハは赤だけどまあ)。

 

もうそっから先はただの涙腺ガバガバオタクですよ。書かないよ(今は)。

初日の乙女ストームなどを見てもこのシナリオだけはなぜか思い至らなかったのですが、今回ばかりは自分の頭が弱くてよかった。

おかげで心から「田中琴葉が担当でよかった」とまた思えました。

明日からまた前を向いて歩いて行けます。

ありがとうミリオンライブ。

 

TYSイベのボーダー緩いといいなあ!みんなもPR活動しよう!